モナコインの基本情報。モナコインの特徴について

モナコインってどんな仮想通貨なの?基本情報から詳しくチェックしていこう!

モナコインとは、略号MONAと表記される仮想通貨です。

2014年に公開され、あの有名なネット掲示板・2ちゃんねるから発生した、日本初のブロックチェーンの形式を採った仮想通貨なんですよ。

マークのデザインが、2ちゃんねるらしいですよね。いったいどのような仮想通貨なのか、その基本情報と特徴を見ていくことにしましょう。


モナコインの時価総額や発行売り上げ枚数はどれくらいになっているの?取引所も教えて!

モナコインの時価総額順位は、第84位です。発行売り上げ枚数は、1億512万MONAにのぼっていますよ。

これだけ多くの発行枚数になっているのは、ブロックの生成速度が速いからなのです。

日本国内の取引所は、ザイフやビットバンク・フィスコ・ビットフライヤーなどです。

海外の取引所なら、ビットトレックス辺りを窓口にしてみましょう。


モナコインはあのネット巨大掲示板・2ちゃんねるから生まれた!でも2ちゃんねるが管理しているわけではない!

モナコインは、あの有名な巨大掲示板・2ちゃんねるから2013年に生まれています。

そして翌年の2014年から開始となりました。ライトコインをベースにして開発されていますよ。

このような経緯をたどっているのに、運営元は2ちゃんねるではありません。現在も中央管理者がいない状況です。


モナコインの取引承認にはプルーフオブワークを採用!日本で使える対象が多いのも特徴

モナコインの取引承認システムには、プルーフオブワークが用いられています。そして取引のスピードが早いのが、大きな特徴といえるでしょう。

90秒をかけてブロックチェーンが作成されていくので、ビットコインの10分よりも間違いなくスムーズに取引がおこなわれていきますよ。

それから日本初の仮想通貨なので、日本で使えるケースが多いのも個性として表れていますね。

例えば、アマゾンのギフト券をモナコインと交換できますし、iTunesギフトもOKです。

パソコンゲームや同人誌の購入にも使えるところが多くなりましたよ。

それからリップルやビットコインなどの人気のある仮想通貨とも交換できるメリットがあります。


モナコインを得るにはマイニングかザイフで購入する!

モナコインを仮想通貨取引所のザイフで購入して得るか、マイニングで手に入れることも可能です。

ビットコインと同じように、プルーフオブワークを採用していますよ。ビットコインと比較すれば入手しやすい程度と認識しておきましょう。

ただし、マイニングで稼ごうと思えば、パソコンの能力が高くないと難しいかもしれません。Segwit承認を実行した段階で価格が高騰した経緯があります。

日本初の仮想通貨として注目を集めているのは間違いありませんが、チャートのチェックは欠かせないイメージがありますね。


モナコインが承認したセグウィット(=Segwit)って何か知ってる?世界のユーザーから注目を集める送金処理システムとは?

モナコインに承認されたセグウィット(=Segwit)とは何か、ご存知ですか?分かりやすくいうと、同時に数多くの送金の処理ができてしまうシステムのことです。

例えば、ビットコインなら、送金の要請が多くなると処理がもたつく感があります。それがSegwitを導入したモナコインなら、多数の送金をスムーズに処理することが可能なのです。

モナコインはセグウィット(=Segwit)を採用した世界初の仮想通貨となったことで、世界中のユーザーたちから注目を集めるようになりましたよ。

このまま世界の関心を受け続ければ、メジャー通貨として認知されていくかもしれませんね。それが価格の高騰につながればラッキーといえるでしょう。

You May Also Like

About the Author: coininfoner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です