モナコインが今後値上がりを期待されている理由について。

モナコインが今後値上がりする理由って何なの?日本初の仮想通貨の強みはあるの?

モナコインの価格はどのような推移を見せているのでしょうか。チャートをチェックするなら、Coin GeckoやCrypto Currency Marketを利用するようにしましょう。

2014年には1MONAが100円を超えるところまで高騰しました。それ以降は1MONAが5円前後で推移しています。でもセグウィット(=Segwit)の承認を得た2017年の4月には、20円にまで価格が高騰しましたよ。

その後、2017年末には、なんと1000円を超えるところまで上がりました。モナコインの値上がりの理由について調べてみると、やはり安値のままで放置されていたことが挙げられるのではないでしょうか。

モナコインが急騰する時期には、同時にビットコインも急騰の気配を見せていました。そのまま放置されることはないので、その修正をおこなうために値上がりになったといえます。

ということは今後同じような状況になれば、急騰する可能性を秘めていると見たほうがいいでしょう。それからもうひとつ考えられるのが、取引所の増加です。

過去にモナコインをビットフライヤーが取引開始したときに、その知名度がグンと上がり、高騰を導き出しました。

「えっ?日本初の仮想通貨なの?面白そうじゃない、買ってみてもいいんじゃない?」というノリが発生したのです。


モナコインを取り扱っている取引所をチェック!日本国内ならザイフにメリットあり!

モナコインを扱っている取引所は、日本国内ならザイフやビットバンク・フィスコ・ビットフライヤーなどですね。

海外ならビットトレックスやライブコインで購入することが可能です。各取引所の内容をチェックしてみましょう。

①ビットフライヤー

日本国内で最も有名な仮想通貨取引所です。

ここがモナコインの取り扱いを始めたので、価格が急騰した経緯がありますよ。

ユーザー数が多いので、流動性を期待していい取引所ともいえますね。

②ザイフ

日本国内の仮想通貨取引所です。モナコインの取引高では、世界最大になっていますよ。

ここでモナコインを取引すれば、手数料に相当するモナコインをもらうこともできるのがメリットですね。

国内窓口としては申し分ない条件を揃えています。

③ビットバンク

ビットバンクも日本国内の仮想通貨取引所です。

チャートをチェックしながら、好みの価格で注文をしても取引ができるようになっています。

④ビットトレックス

アメリカに運営拠点がある世界最大規模の仮想通貨取引所です。取り扱いのアルトコインは200種類を超えていますよ。

取引や送金などをおこなえば、一律0.25パーセントの手数料がかかる仕組みになっています。この手数料が高いのがネックですよね。

これを理由にメインの取引所として利用よりも、サブの取引窓口として活用しているユーザーが多いようですよ。


モナコインの今後

モナコインは、その知名度が上がったおかげで価格も上がったといえる仮想通貨です。知名度が上がる前は、採掘をするゲームの対象になっていたり、掲示板でお互いにプレゼントするチップとして使われていましたよ。

このチップのシステムを利用している掲示板は、アスク・モナと呼ばれていて、まだ稼動しています。掲示板に投稿をすれば、チップとしてモナコインをゲットできるかもしれませんね。

このような経緯を続けてきたおかげで、モナコインの知名度は徐々に上がってきました。そしてビットコインとモナコインで支払える通販サイトなどが生まれてくるようになったのです。

日本円で支払うサイトではないというのが画期的ですよね。これからもモナコインが利用できる対象は、広がりを見せるでしょう。その成功次第、また価格高騰が期待できるかもしれませんね。

You May Also Like

About the Author: coininfoner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です