ビットゼニーが今後値上がりを期待されている理由について。

ビットゼニーは今後値上がりする仮想通貨なの?

ビットゼニーとは、ツイッターでも話題に挙がっている日本国内の仮想通貨です。国内発ということであれば、モナコインに続くものですね。

まさにそれを理由に、モナコインの価格変動につられてビットゼニーも高騰傾向にあります。

2017年12月からは値下がりに転じていますが、今後も乱高下を繰り返す可能性は高いですね。

ここでは、ビットゼニーの値上がり傾向の理由を探りながら、取引所の選定や購入方法についてご紹介します。


ビットゼニーは自宅のパソコンでマイニングできる!

先に書いたように、ビットゼニーは国内で作られた仮想通貨です。

その点が人気のモナコインと類似しているので、第二のモナコインバブルに遭遇できるのでは?というユーザーの期待感が増しています。

それからもうひとつ理由を挙げるとすれば、ビットゼニーはビットコインのクローンのような性質を持ち、自宅のパソコンでマイニングができる点がユーザーの高評価を引き出しています。

実際の市場では、モナコインの価格は上がり過ぎた感がありますから、そのコミュニティにいた人たちが同じようなビットゼニーに注目し購入したのが値上がりの原因かもしれませんね。


ビットゼニーはコミュニティが活発

ビットゼニーがこれからも値上がりを続ける理由は、他にもありましたよ。調べてみると、ビットゼニーを利用して技術的に遊んでいる人が、結構存在します。

そういう人たちが集まるコミュニティが、活発に動いていますよね。そういった動きは、アルトコインの場合はとても重要なのです。

話題にも上がらないコインは、流動すらしなくなりますから。元々の開発者が行方不明になって3年ほど経っても、ビットゼニーのコミュニティは枯れませんでした。

そして開発者が復帰してきて、2018年1月にはバージョンアップも実施されましたよ。この展開になると、ビットゼニーをガチホしていた人たちは簡単には売らないものです。もっと上がると予想しますからね。


ビットゼニーが国内取引所で扱われるようになれば値上がり必至?

ビットゼニーが値上がる理由が、もうひとつありました。

それは取引所が海外だけになっていて、今後国内の取引所が扱うタイミングが必ずあるだろうと予想できるからです。

国内の取引所で売り買いがスタートすれば、その時点で値上がるのは間違いありません。

これまでの仮想通貨がそうであったように、国内未上場の銘柄は要チェックなのです。


ビットゼニーは海外の取引所のみで購入できる

ビットゼニーを扱っている取引所は、海外の取引所のみとなっています。c-cexとcryptobridgeの二ヶ所が挙げられますが、ここで注意して欲しいのは、c-cexです。

なんと、お金を預けても引き出せなくなるような青いボタンアイコンがサイト上に設置されているんですよ。

国内の取引所からビットコインを送金して、それを資金にビットゼニーを購入するのですが、何故せっかく購入したものを放棄してしまうようなアイコンが存在するのか理解できません。

長期の休業をいきなり発表したり、かなり怪しいc-cexを取引窓口にするのは、止めておいたほうがいいでしょう。


ビットゼニーの取引所はcryptobridgeを利用しよう!

ビットゼニーを購入するなら、cryptobridgeを取引所にすることをおすすめします。cryptobridgeは日本語表記でサイトを運営しているので、とても理解しやすく快適ですよ。

簡単に登録手続きができるので、ぜひ実施してみてください。ただし、ひとつだけ注意しなければならないことがあります。

それは作ったIDとパスワードを絶対失ってはいけないということ。再発行はしてもらえませんから、預けた資金を放棄することになりますよ。

必ず紙などに書き留めて、きちんと保管するようにしましょう。

You May Also Like

About the Author: coininfoner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です