仮想通貨のウォレットの使い方を初心者向けに解説

ウォレットとは仮想通貨を保管するところ!どんな種類があるのかチェック!

ウォレットって、何のことか分かりますか?お金を財布に入れて持ち歩くでしょう?まさにそれ、仮想通貨を保管する場所だと認識してください。

仮想通貨自体は、さまざまなところに保管することができますよ。例えば、取引所。購入してそのまま取引所に預けておくことができます。

でもこれってちょっと怖くないですか?ここでは初心者の人向けに、仮想通貨のウォレットの使い方を解説します。


取引所にそのまま預けておくのは危ない!

仮想通貨を始めた人は、取引所が用意しているウォレットに保管しているケースが多いと思います。買ってそのままにしているといったほうが分かりやすいですね。

でもこれってヤバイかもしはれませんよ。先日大問題となった、コインチェックのネム流出事件。あれはまさにハッキングのリスクがあることを教えてくれました。

それどころか、海外の取引所なら、いきなり消滅してしまう事例もあったりします。危険だと感じたら、仮想通貨をそのままにしておかずに、ウォレットへ移動させることを真剣に考えてみてはいかがでしょう。

ちなみに、取引所での入出金手数料は、とても高いです。メンテナンス期間中は出金できませんから、普通に不便なんですよね。

ウェブウォレットとは?

では取引所ではなく、どこに仮想通貨を置けばいいのか。ひとつずつ選択肢をチェックしてみることにしましょう。まずは、オンライン上にあるウェブウォレット。

IDやパスワードを入力して管理するシステムになっていますよ。簡単に作成できるのも嬉しいですね。ただし、ひとつの仮想通貨に対して、ひとつのウォレットが必要です。ビットコインを入れているウォレットに、イーサリアムを入れようとしたら、たぶん消えてしまいますよ。

必ず注意して入金するようにしましょう。そしてデメリットも考慮しなければなりません。オンラインでつながっているわけですから、ハッキングの危険と常に隣り合わせなのです。いやボクはだいじょうぶだよ!なんて思わないことです。フィッシング詐欺で、IDとパスワードを盗まれてしまうケースもよく聞きますよ。

ソフトウェアウォレットとは?

仮想通貨のユーザーが最も利用しているのは、ソフトウェアウォレットでしょう。自分の家にあるパソコンスマホに、ソフトウェアをダウンロードしてウォレットとして使います。これならウェブウォレットと違って、セキュリティは格段に上がりますよね。

それぞれの仮想通貨の公式ホームページからソフトウェアウォレットをダウンロードできる仕組みになっているので、活用してみてください。与えられる秘密鍵パスワード・復元フレーズ・バックアップファイルなどは、厳重に保管しておかなければなりません。

ハードウェアウォレットとは?

最も使い勝手が良く堅牢なセキュリティを提供してくれるのが、ハードウェアウォレットでしょう。USBでパソコンにつないで、その小さな端末に秘密鍵を保管するシステムです。

一旦保管してしまうと、オンラインからは切断されるわけですから、ハッキングの恐れはなくなります。もし紛失してもパスフレーズを残しておけぱ、復元することもできますよ。

端末の値段が高かったり、対応していない仮想通貨があったりしますが、ガチホするつもりならこの方法が安心できるかもしれませんね。

ペーパーウォレットとは?

ペーパーウォレットとは、紙に秘密鍵が印刷されてそれを保管するウォレットです。これならハッキングはまずできませんよね。

ただしオンラインとつなぐこともできなくなるわけですから、便利なウォレットとは言いがたいでしょう。多額の仮想通貨を保管する場合は、ペーパーウォレットが適しているかもしれませんね。

You May Also Like

About the Author: coininfoner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です