Melon/メロン(MLN)の特徴と活用法は?

Melon/メロン(MLN)ってどんな仮想通貨なの?

Melon/メロン(MLN)とは、2014年に公開された仮想通貨です。

イーサリアムのプラットフォーム上に構築された、デジタルアセットの管理や投資を目的としているプロトコルですよ。

時価総額ランキングは第165位、時価総額は日本円で約95億円です。現在の取引価格は、1MLNが15円前後でしょうか。

ここではMelon/メロン(MLN)の特徴とその活用法についてご紹介します。


Melon/メロン(MLN)の特徴

Melon/メロン(MLN)は、イーサリウムの仕組みを借りて、デシタル資産管理のシステムを便利なものにしていく計画だと考えてください。具体例を挙げてみましょう。

契約や支払いをしなければならないケースで、どちらか一方がその約束を守らないことが想定されますよね。

そういったトラブルが起きないようにするために、当事者以外の第三者が間に入って、その約束事を確認し保証する必要が出てきます。

この場合、第三者に対して保証料を支払ったり、手間がかかったりとコストが発生してしまうんですよね。


Melon/メロン(MLN)の役割

Melon/メロン(MLN)ではこのコストや手間を改善する役割を担っています。

2つの方法が用意されていまして、まず1つ目は、スマートコントラクトの技術を使って契約全体を自動化してしまいます。

2つ目は、ブロックチェーンの技術を使って取引全部を記録し、誰からも閲覧できるような透明化を図ることで監査を容易にしてしまうのです。

これなら利便性や信頼性を確保することが可能で、その取引に必要となるのが、Melon/メロン(MLN)トークンです。

このトークンは、いわゆる代用通貨となり、通貨だけの機能ではなく、使用権にも関わってくる性質を帯びていますよ。


Melon/メロン(MLN)に付随する2つの機能

デジタル資産を運用しようと思ったら、必ず使用権が要ります。使用権がなければ、そのファイルを開くことすらできませんからね。

例えばそれが音楽ファイルであったなら、ファイルが手元にあっても使用権がなければ再生して聴くことは不可能なのです。

これをMelon/メロン(MLN)を用いて実践していくわけです。支払い機能使用権の機能を両方とも持たせることができるのが、Melon/メロン(MLN)なのです。


Melon/メロン(MLN)の活用法

Melon/メロン(MLN)が取り扱っている主な資産形態を見てみましょう。

①実物資産にペグ止めされた資産

ペグとは釘付けすることで、例えば金は実物ですよね。

この金にペグ止めされた資産は、金の価格変動にあわせて価値が変わっていきます。

ということは、実際に仮想の世界で金を持っているのと変わらない状態になります。

Melon/メロン(MLN)はこういった資産を作り出すことができるのです。

②暗号通貨などのデシタル資産

Melon/メロン(MLN)という仮想通貨そのものが資産です。

③デリバティブ

これは派生するという意味で使われていますよ。取引が発生すると、将来の売り買いを約束する先物取引も発生しますよね。

それ以外にもオプション取引が発生したりと、さまざまな組み合わせが起こりうる状況になります。

この資産同士を組み合わせた資産のことを、ポートフォリオと呼びますが、モジュールコアという技術によって成り立っていますよ。そして誰でも作ることができるようになっています。

スマートコントラクトで管理されていて、投資をおこなう際のルールは自動的に定められ、ここで公平性をキープできるのです。

こういった仕組みの中で、モジュールの開発が進められ、その対価としてMelon/メロン(MLN)を得たり、支払ったりする活用法が生まれているのです。

You May Also Like

About the Author: coininfoner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です