破綻するリスクがない取引所?分散型取引所(DEX)とは?

分散型取引所(DEX)ってどんな取引所なの?本当に破綻することがないの?

取引所のウォレットに自分の仮想通貨を預けておくのは、ハッキングの怖れがあり危険だという認識が広まっています。

仕方ないですよね、やはりコインチェックの事件はインパクトが強過ぎましたから。取引所が100パーセント破綻しないなんて保証はどこにもありません。

自分の資産は自分で守らなければならないのです。ここでは、破綻する可能性が低いといわれている分散型取引所(DEX)についてご紹介しましょう。


大問題となったコインチェックのネム流出事件!取引所のセキュリティに注目が集まるきっかけに!

2018年に入って、国内取引所のコインチェックがハッキングを受けました。そのとき盗まれたのが、580億円相当のネムです。

とんでもないニュースでしたが、この影響は計り知れないものがあるでしょう。確かに手数料の安い取引所は人気です。

しかし簡単にハッキングされてしまうようなところに、大切な資産を預けておくことはできませんよね。

投資家の意識は、一気にセキュリティ重視の方向へ流れているといっていいでしょう。


分散型取引所(DEX)はハッキングに強いの?


分散型取引所(DEX)とは、ハッキングに対処できる取引所として注目を集めていますよ。

破綻のリスクを避けるために、仮想通貨を分散して保有し、セキュリティを確保するというスタイルです。

仮想通貨の取引ができるプラットフォームで、運営元がいません。

個人同士の取引が可能で、相対取引ができるアプリケーションのようなものと考えられますね。


分散型取引所(DEX)なら自分でハッカーの攻撃に対処できる!


分散型取引所(DEX)だからといって、ハッキングされないわけではありません。

ブロックチェーンによって取引が記録されているために、個人のウォレットを確認することができるのです。

それをハッカーに攻撃されると、出金されるリスクはあるでしょう。しかしながら、中央集権的な取引所だと、ハッカーの攻撃を自分で防ぐことはできません。

分散型取引所(DEX)なら攻撃を受けても自分で対処できるメリットがあるわけです。

ああ、まだセキュリテイが甘いウォレットだ…と感じたら、自分でウォレットを変えるなどして対処できるということですね。


分散型取引所(DEX)にはどんなところがあるの?

分散型取引所(DEX)にはどんなところがあるのか、いくつかピックアップしてみましょう。

①イーサデルタ

イーサリアムが取引の中心となっている分散型取引所(DEX)です。
イーサリアムのプラットフォームを使って取引されるので、ユーザーが多いのが特徴ですね。
ユーザーが多いと取引が成立しやすいメリットがあります。
また、イーサリアムをベースにしたあまり知られていない仮想通貨の上場をチェックすることができますよ。
もしそれが高騰することがあれば、高い利益を生むことにつながりますよね。

②オープンレジャー

デンマークの会社・CCEDKと仮想通貨のビットシェアーズの開発担当が組んで作り上げた分散型取引所(DEX)です。
企業が絡んでいる分散型取引所(DEX)ですから、その安心度は高いといえるでしょう。
その企業自体にはお金を動かす力は与えられていませんから、中央集権的であるとはいえませんね。

③クリプトブリッジ

とてもシンプルで扱いやすい分散型取引所(DEX)です。登録も簡単で日本語表記も選べますよ。
取引されている仮想通貨は、モナコインビットゼニーで、ビットコインなど使った取引ができるようになっています。
取引所の機能のみしかないので、もし交換するための仮想通貨を持っていない場合は、他の販売所で購入してからクリプトブリッジを利用することになります。

You May Also Like

About the Author: coininfoner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です