仮想通貨のニュース・イベント 価格変動に関係があるのはどんなもの?

仮想通貨に関する有効な情報ってどんなものがあるの?

仮想通貨の価格上昇や下落に関する情報は、どういうものを収集しチェックすればいいのでしょう?

投資の場合は、ファンダメンタル分析テクニカル分析が存在しますよね。

ファンダメンタルとは、投資対象の価値や動きのある情報をとらえて投資に活かしていく方法です。

テクニカルとは、チャートをチェックしたり経験則から次の上昇を予測する方法です。どちらも重要に感じるのですが、仮想通貨は株ではありませんからね。

ファンダメンタルな要素のほうが、より強く影響してくるのは明らかです。ここでは、いくつかの具体例をピックアップしてみることにしましょう。


仮想通貨がハードフォークするという情報

仮想通貨がハードフォークするぞ!という情報が入って来たら、その仮想通貨は買いでしょう。

ビットコインの場合がまさにそれでしたね。ハードフォークとは、分裂することです。

ビットコインの場合は、取引の処理スピードが遅いのがネックでしたから、その機能を改善するために何度もハードフォークが起きました。

そのときに新しい仮想通貨が誕生し、取引所によっては分裂前から持っていたユーザーに無料配布するケースもあります。

これはかなり大きいですよね。投資家の中には、この無料配布を狙ってハードフォーク情報を探している人もいます。

当然それによって仮想通貨は買われ、価格が上昇していくのです。


仮想通貨の流通量が規制されるという情報

仮想通貨の流通量が規制されるという情報も、価格上昇の引き金になりますよ。

市場にそのコインが増え過ぎると、供給過多で誰もが持てるコインになってしまいますよね。それでは保有していても、なかなか価格が上がっていきません。

そこで増え過ぎたコインの流通量を減らすために、バーン=燃やす行為がおこなわれることがあります。

また開発チームが持っているコインを一定期間売れなくするロックアップという行為がおこなわれることもあるんですよ。

これらにより流通量が減ると、価値が安定するという情報が流れて安心して投資するユーザーが増えます。それに伴なって、価格が上がっていくのです。


仮想通貨が大手機関と組むという情報

仮想通貨の決済システムが、国の政府機関大手銀行に採用されるケースがあります。

本来仮想通貨は、それ自体の価値が信用を膨らませていくものなのですが、規模の大きい組織と提携することで、多くのユーザーが可能性や将来性を感じることにつながるのでしょう。

これにより価格か上がることにも影響が出るようですよ。


仮想通貨のイベントデーに関する情報

仮想通貨の中には、その根強いファン層がいて、流通を応援する目的でイベント的に購入を実施することがあります。

例えば開発日を誕生日と見立てて、イベントデーで一斉に購入をしかけると、価格は上がりますよね。

そういう日もチェックしておくと、利益を生むことにつながるかもしれませんよ。


仮想通貨のサミットや決起集会の情報

仮想通貨を開発している人やシステムの運営をおこなっている人がいますよね。

そういう人たちが集まって、定期的に会議をしたり、発表をおこなったりしていますよ。

いわゆるサミットや決起集会・カンファレンス・エキスポなどが発する情報に敏感であるべきでしょう。


仮想通貨が新しい取引所で取引開始されるという情報

たくさんの仮想通貨取引所がありますが、取引所での扱いが増えれば、その仮想通貨の価格は上昇するでしょう。

例えば、日本国内でどこの取引所も扱っていない仮想通貨が取引開始を始めるという情報が出てきたら、価格が大きく跳ね上がるケースがあります。

したがって常に取引所の取り扱い銘柄に関する情報を集めておくことは重要だといえるかもしれませんね。

You May Also Like

About the Author: coininfoner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です