EOS(EOS)の基本情報

EOS(EOS)ってどんな仮想通貨なの?詳しい内容をひとつずつチェック

EOS(EOS)とは、略号をEOSで表記する仮想通貨です。

 

2017年の6月にICOを実施して、なとん18時間たらずで16億円もの資金を集めたことで有名になりましたよ。

 

通貨タイプはイーサリアムと似ていて、総発行枚数は9,000,000,000EOSになっています。時価総額ランキングは、第9位。

 

公式サイトやツイッター、ホワイトペーパーも完備していますよ。ここではEOS(EOS)に関する基本情報をご紹介しましょう。


EOS(EOS)はICOを実施して多額の資金調達に成功!分散型アプリケーションのプラットフォームを構築する仮想通貨

EOS(EOS)のICOは1年間も続いて、最終的には7億ドルもの資金調達に成功しました。これはかなりの高額で、一気に仮想通貨の中で注目を集める銘柄になっていったのです。

 

分散型アプリケーションのプラットフォームを構築する仮想通貨として、投資家たちの間で認知されるようになりましたよ。

 

分散型ときいて思い出すのは、イーサリアムですよね。EOS(EOS)はイーサリアムとどの辺が異なるのでしょうか?

 

詳しくその特徴をチェックしてみましょう。


EOS(EOS)の特徴

その① 圧倒的なトランザクション

まず挙げられるのは、圧倒的なトランザクションです。

 

EOS(EOS)の場合は、情報処理をおこなう場合の非同期処理と平行処理をあわせて、なんと1秒間で数百万ものトランザクションをおこなえます。

 

トランザクションとは、情報処理の単位のこと。その速さが高いレベルにあるということは、情報のやり取りが速くおこなえるということになります。

 

思い起こしてください、ビットコインやイーサリアムは送金するだけでもすごく時間がかかってしまいますよね。これはトランザクションに速さがないということの表れです。

 

EOS(EOS)なら、こういった送金詰まりのような現象を味わうことがないのです。
 

その② 情報処理が無料

次に挙げられるのは、情報処理にお金がかからないということ。トランザクションをおこなっても手数料が要らないなんて、画期的ですよね。

 

これなら1日に大量のトランザクションをおこなう企業とかは、ノドから手が出るほど欲しい技術になるでしょう。

 

今後大きな企業ほど、EOS(EOS)の価値に気づいて採用するケースが生まれてくるかもしれません。
 

その③トークン自体には価値がない

EOS(EOS)は、そのトークン自体に価値がないと、公式に明言しているのが驚きです。

 

ICOが実施されたときに公開されたホワイトペーパーに、トークンには利用価値がないことや、48時間以内に移転が不可能になることが書かれていますよ。

 

仮想通貨EOSとICOで発行されたトークンとは、関連性がありません。このトークンは純粋に資金調達のためだけに発行されたものなのです。

 

それでもそのトークンに価値を見い出し、買う人が後を断ちません。将来的になにかしらの価値が発生すると見ているのでしょう。


EOS(EOS)の過去チャートをチェック


EOS(EOS)の過去のチャートをチェックしてみると、300パーセントのアップを記録していますよ。価格は6ドルから16ドルを往復しているという動きを見せています。

 

全体的に仮想通貨が暴落したときでも、値上がりを見せていました。現在は下がり始めていますが、今後どうなるかじっくり観察し続けたい仮想通貨といえるでしょう。

 

2018年2月は、どの仮想通貨も落ちています。それにあわせて落ちているだけのようで、EOS(EOS)自体に何らかの問題が発生している情報は入ってきていません。

 

どこかできっかけをつかみ上がり始める可能性を秘めていますよ。他の仮想通貨の動きもチェックしながら、全体的に底打ち感が出てきたら、チャンスかもしれませんね。

You May Also Like

About the Author: coininfoner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です