EOS(EOS)が今後値上がりを期待されている理由について

EOS(EOS)の開発状況をチェックして今後値上がりが期待できるか予想してみた

EOS(EOS)が今後値上がりを期待されている理由をチェックしてみましょう。まずはその開発状況はどうなっているのでしょうか。

Block.oneという名称の会社が50人体制で開発をおこなっていますよ。場所はケイマン諸島、税金の無い島として有名なカリブ海にあるイギリス領ですね。

そこで開発者であるダン・ラリマーを中心に活動しています。彼自身はこれまでに、ビットシェアーズやSTEEMを開発してきたプログラマーなので、当然EOS(EOS)にも投資家の期待が集まるわけです。


EOS(EOS)に関するニュースをピックアップして値上がりの材料があるか探してみた

EOS(EOS)に関するニュースをチェックしてみましょう。やはり話題性はとても高いようですよ。

 

①仮想通貨の未来を予想してくれる人工知能ウェブボットが公表

仮想通貨の将来を予想するウェブボットがこんなコメントを発表しています。

「EOS(EOS)は2018年の春から上がる。理由はこの仮想通貨を既存の産業で使われるようになるから。」

この信憑性は、投資家個々で確認する他はありませんが、企業レベルで関心の高い対象になっているのは確かでしょう。どこが公式に発表するのか楽しみですね。

 

②EOS(EOS)を所有している人にIQトークンを無料配布する

こういうニュースは、EOS(EOS)を持っている人にとって朗報といえるでしょう。

持っているだけで仮想通貨がもらえるのなら、EOS(EOS)のトークン自体に価値がなくても、将来的に付加価値が生まれてくる確率は高いと予測できますよね。

もしかするとEOS(EOS)トークンにも価値を付けるように変わっていくかもしれませんよ。

 

③格付けをおこなうワイスレーティングが2018年に入って格付けを発表

ワイスレーティングとは、保険や金融関係の格付けをおこなう会社ですが、ここが発表した格付けによると、74の仮想通貨のうち、最も優れているA評価はなく、次点のB評価にイーサリアムとEOS(EOS)が選ばれていますよ。

ちなみにビットコインは、これより下のランク。ということは、EOS(EOS)はビットコインより評価されたということになります。

期待されているのは、やはりその開発技術開発陣に対してでしょう。彼らが今後どのような開発をしてくるかで、価値が上がるのは間違いないかもしれません。

EOS(EOS)のプラットフォーム上でEOS(EOS)トークンを使った場合に、価値が発生するのは疑いのないところ。イーサリアムを超える価値が発生したときに、その将来性は現実のものとなるでしょう。


EOS(EOS)を取り扱っている取引所はどこになるの?日本国内に取引所はあるの?

EOS(EOS)を取り扱っている日本国内の取引所はまだありません。

海外の取引所で売り買いをする必要があります。主な取引所は下記の通り。

 

①バイナンス(BINANCE)

中国に拠点のある会社が運営をしている世界最大級の仮想通貨取引所です。

アルトコインの取り扱いは、約100種類にのぼりますよ。

手数料は0.1パーセントですから、リーズナブルといえるかもしれませんね。

 

②ヒットビーティーシー(HitBTC)

ヨーロッパに運営拠点を置いている仮想通貨取引所です。アルトコインの取り扱いは、約200種類となっています。

取り扱いの手数料は、0.09から0.10パーセントと安い設定ですよ。ここまで安ければメインの取引所として活用してもかまわないでしょう。

 

③ビットフィネックス(Bitfinex)

香港の会社によって運営されている仮想通貨取引所です。

ビットコイン・ダッシュ・イーサリアムクラシック(ETC)などを取り扱っています。

仮想通貨取引の手数料は0.1パーセントです。

You May Also Like

About the Author: coininfoner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です